« 2011年4月20日 | トップページ | 2011年5月24日 »

追加! スーパーディオSR改造! ハイスピードプーリー交換。

  

皆様、本日もヘンコツ管理人の部屋へようこそ。 

Imgp2704_3  

今回お客様の息子様からお預かりしたスクーターはホンダ製スーパーDIO SR 50cc 原付。 

作業内容は、「スピードを出るようにしてくれ」と言う依頼だ。 

症状は、エンジン、電装、加速の不良、最高速は40km程と重症だった。 

Imgp2705  

で、リミッターカット & ハイスピードプーリー交換 & 1グラム計量ウエイトローラー交換 & 強化Vベルト交換 & 強化遠心クラッチスプリング交換 と予算の関係上シンプルな内容にした。 

Imgp2706  

上が純正プーリー、カラー、ウエイト、プレート 

黒い痕跡から、純正はプーリーの外周までベルトが回っていない事が解る。 

下が社外品ハイスピードプーリー 一式 

外形が少し大きくなっている事が解る 最高速が期待できそうだ。 

何故か管理人は、オーナー本人よりワクワクしている可能性がある。 

Imgp2707  

遠心力で広がるクラッチと強化スプリング。 

今時の改造キットはポン付けで走り出せるスグレ物だ 昔のように微妙なセッティングは必要無い。 つまらん。 

結局最高速は最高速表示の60kmを超え、スピードメーターの限界までメーター針が貼りついてしまった状態で最高速読み取れずに不明となった。 

おそらく75kmは出ているだろう。 

チャンバー装着とキャブレターのセッティングでで90kmは期待できそうだ。 

しかし そんなに急いで目的地に辿り着く必要は無い上にリスクが大きくなるだけである。 しかも原付の制限速度は30kmだ。 これは立ち漕ぎ女子高生やジャマイカのウサインボルト選手よりも遅い速度だ。 

ちなみにウサインボルト選手は時速37.6kmで走る。 

つまりウサインボルトは国道を本気で走ると原付を追い越してしまいマズイ事になる。 

現チャリ改造もお任せください。 

おわり 

 

 

 

« 2011年4月20日 | トップページ | 2011年5月24日 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ