« 2012年4月30日 | トップページ | 2012年7月28日 »

F6Aカプチーノラッシュアジャスター交換 カチカチ異音 その①

 

さて、 

以前パワーメーター装着し、9000RPMオーバーまわした後からカチカチ異音発生! (ちなみにジムニーで9000RPM回すとタコメーターの針が下に壁にくっつく) 

で、カムカバー左を手で覆うと音が小さくなる 

これはカムがロッカーアームを叩く音と判断する しかも左側の排気カム 

カプチーノは、ジムニーのシングルカムと違って油圧ラッシュアジャスターで常にクリアランスを調整しているのでヘッドからの打撃音は皆無と言っていい程静かなはず

カプチのクリアランスは油膜程度なのでカプチでタペット鳴るのはラッシュの不具合が殆んどです。 

Imgp3984

開けてみた 

やはり予想的中 2番シリンダー排気のラッシュアジャスター片方が油圧がかからない状態

通常ラッシュアジャスターはエア抜き後カッチカチでないと×  かと言って固着も× 

コイツがラッシュアジャスター 1本5000円 12個付いている 

Imgp3986

最初に、 ラッシュを装着するときは、ピックで指している部分のシリンダーヘッドのオイル穴とラッシュの小さいオイル穴を合わせて挿入する事 

Imgp3989
 

吸気カム開けてみた。 12バルブ カッコエエなぁ~ 

Imgp3991


ラッシュのエア抜きは ヘキサゴンレンチで代用 

ラッシュをオイルにタップリ漬けた状態で棒を指してプランジャーを解除しエアを抜くとカッチカチになる 

プランジャーを押した状態で違和感が有ったりエア抜きしてもラッシュが遊ぶ場合は交換する事。 今回は1個だけ不良交換。 

エア抜き後は立てた状態にしておく事 寝かせてはいけません  

Imgp3992 

新品のラッシュアジャスター まあ1個交換で5000円で済んだだけマシ 

Imgp3993

全て組み込み もう一度指で押さえてフワフワしていないか点検する 

Imgp3994 

カムシャフト組んだ。  2本あるからツインカム カッコエエなぁ~ うっとり。 

DOHC とは ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト の略 

上記写真の通り、バルブが12個付いているのでDOHC12バルブなんです 

因みにジムニーF6AノーマルはSOHC6バルブ (シングルオーバーヘッドカムシャフト)               

Imgp3995 

カムプーリー組んだ。  以前使用していたタイミングベルトはメイドイン・シンガポール製で怪しいのでメイドイン・ジャパンの物に新品交換。 

Imgp3997 

邪魔なインタークーラーが無いので、ついでにコンプレッションゲージで圧縮測定

基準12㎏/㎠  使用限度9㎏/㎠  コイツは冷感時にもかかわらず12キロオーバー! しかし高回転を狙う改造ターボ車に高圧縮はピストン溶け、ガスケット抜け等危険を伴なう

エンジンオーバーホール、シリンダーホーニング、ピストンリング新品、バルブ擦り合わせ施工してあるだけあって状態は良好でした。  

圧縮測定時はエンジン暖気しプラグを全て外しアクセル全開でスターターをグリングリン回す事。 

つづく


« 2012年4月30日 | トップページ | 2012年7月28日 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ