« 2012年8月14日 | トップページ | 2013年1月4日 »

AZR60ノア メーカー純正バックカメラを社外ナビに接続する方法

今回の依頼は、「ナビを社外品に変えた為、純正バックカメラが映らなくなったので接続してほしい」との事。社外品と純正品をドッキングさせるプロジェクトだ。 

本来ならナビとセットでバックカメラも交換するが、元々トヨタ純正カメラが付いているのでどうにか接続したいと考えた。 

まず、国道沿いの誰もが知っている超有名大型カー用品店で接続パーツがあるか確認した。 

私、  『AZR60用に外品接続変換アダプターありますか?』 

店員、  『ありますが純正ナビの品番が解らないと判断できません!』←まぁまぁ強くて自身満々な口調で。 

私、  『年式、車体番号、車両情報全て解りますが膨大なデーターがあるオー○○○○○サンで、なんとか純正ナビ品番解りませんか?』 

店員、  『こちらでは調べることができません!』←まぁまぁ強い口調で。 

私は、ちょっとムカツキながらも大人なのでガマンし、一旦店の外へ出てトヨタお客様サービスに電話した。即答で品番を教えてくれた。 

再度入店し、 私、 『品番解りましたので適合確認してください』と品番を伝えた。 

カロッツェリアのジャケット着た店員、  『その車両に適合するアダプターは生産されていません!バックカメラを接続作動させる事は不可能です!』←まぁまぁめんどくさそうに。 そして彼はサッサと立ち去る。 

国道沿いの超大型スーパーなカー用品店で山ほど付けれるアダプター売ってるくせにナンでコレだけ無いねん!とブツブツ言いながら帰宅し雑誌やインターネットで調べまくる  

まぁ大型カー用品店って、配線図広げて試行錯誤したり、想像力や創作力なんてコレっぽっちもナイ事は前から解ってるけど、それが彼らの商売スタイルやから否定してはいけません。 

ましてや利益率の低い商品を時間をかけて頭を使って1個販売するよりも外国製オイルや韓国製のタイヤや社外品オイルエレメントや社外品ベルト、社外品パッド等の仕入れが安くて作業が簡単でリスクが少なく利益率の高い物を多く売るほうが商売として成り立つ。 それがビジネスである。 コツコツやるのは時間のムダ。 

例えば、マフラー折れたら溶接で治る物でも『新品交換』 パンクしたら修理するより『交換』 前タイヤ減ったら、前後ローテーションするより『交換』ってカンジ あとメンドクサくてリスクが高い外車(ベンツクラス)はオイル交換や修理や車検は受け付け無い! コレが低スキルで儲ける近道。

ハナシが脱線した、、、、 

で、雑誌だったか?用品カタログ?ネットだったか?汎用変換アダプター発見!取り寄せた。 しかし加工が必要だ。 

ココからは試行錯誤するヒマのある私。  

Imgp4297 

↑どうみても自作品?しかも激安。 秋葉原や日本橋で売ってそう。 

でも配線図見たらカー用品店のと一緒みたい。  

Imgp4296_2 

さて、 元々純正バックカメラが付いているので何所かに配線が来ているはず?助手席下の使っていないナビのコンピューターを調べた。 

まずリアゲートの内張りを外してカメラに接続されているカプラーを外し車体側の4本配線に+の電流を流して助手席下のカプラに電流が来ているかテスターで検電すると まんまと助手席下の写真のカプラーがバックカメラに繋がっている事が解った!。 

Imgp4303

で、一つずつ地味に調べながらノートに記録し、 

シート下の赤が画像+ 

シート下の青が画像- 

シート下の白が電源- 

シート下の黒が電源+  という事が解った。 

で、汎用アダプターの配線図を見ながら接続↓ 

シート下赤⇔アダプター黄色 

シート下青⇔アダプター白 

シート下白⇔アダプター黒 

シート下黒⇔アダプター赤  

あとは四角いアダプター本体から出ている赤(+電源)をリバース信号に繋ぎ、黒(-電源)をアースさせ、RCAをナビのカメラ入力に接続させる。 

しかし、当車両は何故かアースさせると画像が砂嵐に乱れるのでマイナスは絶縁し接続しない。 

Imgp4301 

アダプターから出ているRCAはナビのカメラINに接続 そしてナビの「カメラ割り込み設定」を「する」に設定しておく。 

Imgp4299

リバース信号はナビ裏の配線から取ろうと思ったが10ボルトと電流が低くてカメラ画像が乱れる恐れが有るのでバックランプ配線から取る事にする。 

Imgp4304 

わざわざテールランプから配線しなくても助手席横のステップを外せばリバースランプの配線が有る ↑コレがバック時のみ12V近く通電しているので大丈夫。 

Imgp4298 

ちなみに、ACC電源になるがコンピューターカプラーにも12V以上の電流が来ているのでそこから取っても良いが、ACCなのでクルマが動いている間は常に通電しているので無駄に電気を使う上にカメラやアダプターの寿命も短くなる事を恐れてコレは採用しない。 

しかしココに繋げるほうが画像はキレイに写る どうやら大電流と高画質は比例しているようだ。 

Imgp4302

カーペットの下からステップの下に通して配線を完全にキレイに隠す 

Imgp4305 

で、違和感無く仕上がりました。 

Imgp4306 

リバース(バックギヤ)に入れた時にナビ画面が自動で切り替わる後方の画像です 

チャリンコとガレージのシャッターがハッキリ見えるので後退時安全に運転できる事でしよう。 

ここまでシロウトの俺を熱くさせたのは大型カー用品店のヤル気の無い無愛想な対応が原因だ 

『適合しません!』や『不可能です!』や全くプライドや技量の無い発言していても オイラよりドッサリ給料貰ってんやろなぁ~。 

  この仕様で困っている人の参考になったらいいかな。  

  あと、このブログが役に立ったのなら『できたよ!』とか『参考になったよ!』とかコメントくれたら嬉しいな~。 

  では、がんばってください。 

    おしまい 

 


 

« 2012年8月14日 | トップページ | 2013年1月4日 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ