« 2016年7月9日 | トップページ | 2016年7月31日 »

常人逮捕! 泥棒をつかまえてみた。

 

先日、夕方4時 いつものようにクソ熱いガレージでシャッターを少しだけ開けて作業をしていた。 
 
すると、『ガシャガシャ!』 えっ? 
 
振り向くと男がガレージ開けようをして中を除いていた! 
 
40歳位の汚い感じのオッサンだ。 
 
まさかガレージの中に私が居るとは思わなかったのだろう。 
 
私と目が合った男は直ぐに立ち去った。 
 
私は、寝ていた作業状態から とっさに立ち上がりガレージを出て後を追った! 
 
ヤツは早足で公園の中を南へ向かっていた。 
 
ヤツは動きがおかしい。 
 
少し離れた所から監視していると、今度はハイツの駐輪場の自転車を物色し始めた。 
 
そして数分後、鍵が付いていない自転車を持ち出し、乗り出した所で私は走った! 
 
身長は私と同等位で体重は80キロ位か。 
 
捕まえると言う事は簡単ではない。反撃される可能性もある。 
 
刺される危険性、命に関わる危険があるのだ。 
 
私は『待て!』と同時にヤツの手をつかんだ。 
 
ヤツは『ウグァァァ~』とかワケわからん奇声を上げ暴れて反撃してきた。 
 
私は暴れるヤツのシャツを強く引っ張った。ヤツのシャツはビリビリに破れ裂けた。 
 
腕をつかみ、首をつかみ、足を掛け転倒させた。 
 
それでも物凄い力で抵抗してきた。 
 
腕を抑えヤツに馬乗りになって『お前の自転車ちゃうやろ!』『盗んだやろ!』と怒鳴りつけた。 
 
ヤツは『ハギィィィ~』(ハイ)と罪を認めた。 
 
その瞬間 ※《常人逮捕》 (じょうじんたいほ) が成立した。 
 
近くで居た人に助けを求めて両手が塞がっている私の代わりに警察に電話をしてもらったが、なかなか警察は来ない。 
 
通報してくれた大人の男性に「何処に電話したか?」聞くと、なんと!市外局番から始まる≪市の警察署に電話した≫と言った。 
≪彼はモノ凄くアホだった。≫ 
 
泥棒を現行犯逮捕した時は、賢い大人は≪110番≫で電話しましょうね。 
 
その間もヤツは凄い力で抵抗してきた。
 
野次馬が集まってきてヤツは力尽きたかのように大人しくなった。 
 
野次馬→『もう離したりよ』『もう抵抗せんやろ』と簡単に言うが私は殺されるかも解らない危険を覚悟で常人逮捕している。 
 
当然、私は息が荒く心臓が飛び出る位に緊張しているのである。 
 
そして、少し時間が経ち、落ち着くと何か普通ではない事に気付く。 
 
警察が来て事情を聴くと言葉が上手く通じない。しかし自分の家は解るらしいので自宅まで警察が連れて行った。 
 
そして私は全て経緯を話して後は警察に任せて立ち去った。 
 
その後、警察が私の家を訪問され事情を聴いたところ、ヤツは病んでいると説明された。  
 
残念だが窃盗罪が成立する可能性も低いし、もし人を殺めた場合も責任能力の有無という問題で加害者が手厚く保護されるだろう。
 
病んでいるからと言って 人の物を盗んだり、人のガレージに侵入しても良いワケがない! 
 
親にも強く説明し、監視するよう指導したらしいが効力なんかナイだろう。   
 
常に警戒するしかない物騒な街である。 
 
 
           おわり 
 
 
※常人逮捕  
目の前で犯罪が起きた時、現行犯であれば一般の人(私人)でも逮捕ができる決まりの事 
 
※逮捕 
被疑者の逃亡を防止するために強制的に身柄を拘束する行為  
 
 
 
 
 

« 2016年7月9日 | トップページ | 2016年7月31日 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ