« 2017年7月24日 | トップページ | 2017年9月11日 »

JB23 ジムニー ステアリングギアボックス(ギヤボックス)のオイル漏れ修理。オイルシール交換してみた。

 

 
JA11、JB23共に ギアボックスオイル漏れの修理をする場合、なんと!ギアボックス本体交換!という大変高額な修理になる。 
 
メーカーではシール単品の部品設定が無く、たかがシールだけのためにギアボックス本体丸ごと交換なんて馬鹿げている。 
 
JB23用ステアリングギアボックスの部品代だけで3万7600円だ!  
 
JA11油圧パワーステアリングの場合 部品代だけで11万5000円!! 
 
まぁオイル漏れは車検NGだからディーラー車検されている人は こんな金額で修理してる人も確実に居るだろうね。
 
 
そこで、スキマの仕事を好む私としてはシールの寸法を確認し、モノタロウで注文できる社外品のシールを組み込む事にした。 
 
ディーラーや一般的な整備工場では対応してくれない事、それがスキマの仕事である。  
 
Dsc_0361   
 
30mmのナットを外す。 
 
外す前にタイヤの向きを直進しにてピットマンアームのスプラインの位置を覚えておく。
 
Dsc_0363   
 
プーラーは こんなカンジ↑
 
Dsc_0362   
 
ピットマンアームが勢いよく落ちて危険なのでナットは緩めた状態で掛けておく。  
 
そしてプーラーをじんわり締めていき、十分にテンションがかかったらエンジンルーム側からパイプを突っ込んでピットマンアームを下へ叩く↓。
 
Dsc_0364   
 
パーンッと勢いよく外れてプーラーが脱落するので絶対に下に潜ったり足を置いたりしない事。
 
Dsc_0365    
 
オイルシールをシールプーラーで抜き取る。 
 
プーラーでシャフトに傷をつけないようにクリアファイルを小さく切ってシールの隙間に差し込んでおく。
 
Dsc_0372_2  
 
↑事前に純正シールに刻印されている寸法を読み取って同等品を注文したが、届いた物は外周がゴム被覆ではなく金属むき出しだった!  
 
武蔵オイルシールのHPで調べてみると、[UD]は外周が金属で [UE]がゴム被覆なので、正確には[UE NBR型]が理想だ。 [NBR]とは耐ガソリン性、耐油性。 
 
1個200円! 
 
使用するシールはダストリップ付きのモノです。 
 
イケルかな? 打ち込み失敗や今後の他車のためにと思って 安価なので5個も注文したのに・・・。
 
Dsc_0366   
 
↑右が取り外したJB23純正シールで サイズが内径30mm・外形42mm・厚さ8mm 
 
ジムニーJA11の油圧パワステ用とサイズが同じなので流用可能。 
 
JA11前期の生ステ(重ステ)はシャフトが細いので流用不可です。(ちなみにサイズは26・38・8) 
 
↑左が新品社外品 武蔵(ムサシ)製 30・42・8 
 
Dsc_0368   
 
外周がゴムコーティングされていないので硬めの液体ガスケットを塗る。 
 
このタイプのシールは、フロントのハブベアリングのシールやリアホーシングのシャフトオイルシールと同じなので液ガス不要かも・・・しかし念のため。
 
Dsc_0367   
 
失敗せず打ち込めた。 
 
打ち込む前にシャフトとシール内側にグリスを塗っておく。 
 
打ち込む深さはギアケースとツライチで。 
 
この先バラシやすいようにスプラインにスレッドコンパウンドを塗っておいた。 
 
30mmナットのトルクは120N・mで締めてみた。
 
Dsc_0369   
 
完全に抜け切ったギアオイルを注入 
 
17mmのフィラーキャップボルトはテーパータイプのプラスチック製でブリーザーにもなっているのでパーツクリーナーで通気しているか確認する。 
 
ギヤオイルは100均のオイル差しでツライチよりも1~2センチ位低めに注入。 
 
そしてプラスチックのボルトにシールして軽く締める。
 
Dsc_0370   
 
外したJB23純正シール↑↓ 
 
KOYOの全く同じ物は流通していないので他社の同等製品で流用すればよい。
 
Dsc_0371    
 
コレ↑ このシールのためにギヤボックス本体部品代3万7600円+オイル代+工賃+消費税で4万5000円以上払うなんてバカバカしいなんてもんじゃない。 
 
JA11油圧パワーステアリングの場合 部品代だけで11万5000円!!!
 
しかし今回シール代 たったの200円+オイルで修理ができた(^o^)。 
 
その後、オイル漏れもなく快調。 
 
JA11前期も後期も油圧パワステ付きも JA12もJA22Wも JB23Wも作業内容はほぼ一緒。 油圧パワステ車は専用オイル使用。 
 
とにかくシールのサイズが解らなかったらピットマンアームの隙間からサイズの刻印を読み取る事から始めましょう。 
 
  どうでしょう 何処かで誰かの参考になったかな?。  
 
  あと、間違いあるかもしれないので作業は自己責任でよろしく。
 
 
      今回もスキマの仕事でした。 
 
           おしまい
 

 

« 2017年7月24日 | トップページ | 2017年9月11日 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ