SNOWMAN GT-R Ⅱ

  

 

              白い息を吐きながら

              帰り道 ひとり急いだ

     冷たい風は いつかの温もりを ふと思い出させる

             this is a glory day  ♪♪

 

 私がスノーボードを初めた頃は、スノーボードがまだウインタースポーツとして認められておらず

当時はほとんどのスキー場でスノーボードは滑走禁止であった

今では多くのスキー場で全面開放されている

近年ではオリンピックやウインタースポーツとしてメジャーになり楽しみ方も多様化してきた

競技会やプロ認定、インストラクター、バッジテスト等今後の健全な発展と普及には、スノーボードを単一スポーツとして活動する者が不可欠である

10年後 20年後 30年後 これから先ずっとスノーボードを楽しむ環境を残したいと思っている

   私達が雪山で味わう感動を次世代の仲間にも与えたい。。

  

さて、1月3日のハチ高原

P1011960    

  

  

朝 ピーカンのゲレンデを見つめ 

あれこれ構想を練るイダクンとコーチャン

  

 

P1011961   

  

  

P1011961_2   

   

 

参加者のトゥーサイドターン 前から 後ろから撮影

  

   

P1011961_3   

  

  

参加者の棚落ちからのインディーグラブ

 

 

P1011961_4  

 

 

悲しくなってしまう脳ミソの落ち系エアー

指 立ってま~す・・・?

  

 

P1011961_5  

 

 

リフト営業終了

下山 ラストフリーランの前  山頂から山をバックに撮影

この写真から3人の『何かを感じ』取れますでしょうか?

どぉ感じるのか impression  印象 感銘 な~んて千差万別!

     おバカな三人だと思っていただければ幸い。。

 

 

P1011962  

 

 

番外編

帰り道で見つけたスッゲェやつ

三菱ふそう ROSAの雪山悪路仕様

タイヤの部分が戦車(?)みたい

しかもナゼかナンバー付いてる

普通乗用車ではナイはず・・

こんなんオーバーフェンダー付けなアカンやろ!?

そう言う問題ではナイ。

もしかして大型特殊車両登録かも

建設機械、ホイールローダやショベルカーやフォークリフトの部類かな?

それにしても[ホテルかねいちや] nice!!。

 

        SNOWMAN  GT-R   おわり 

    

 

 

  

  

SNOWMAN  GT-R

 

12月31日 ハチ高原にて

SNOWMAN  GT-

GELANDE TRAINING REPORT でございます

まずは

P1011936  

 

 

でっかいホイールローダー とSNOWMAN

コイツは4WD 四輪駆動の除雪仕様  

普通乗用車2台くらい軽く持ち上げちゃいまーす

本当の仕事は除雪やけどね

前に付いている『ヘラ』が3D三次元に操作できる画期的な車両である

ま、そんなんドーでもイイです 

 

なんせ混んでた~

P1011937  

 

 

ここ手前からズ~っと先の右カーブしたトコロまでリフト待ち

しかもバーンはカッリカリのアイス

人工降雪機で作られても日光と風で表面温度が高くなって、それがまた凍ってしまうみたい

スケート場ってカンジかな

初めてスノーボードをココで経験した人は、二度と『スノーボードをしたい』とは思わないでしょうね

コケたらアオアザできるし・・

実際はソレじゃないよ  もっとフカフカの雪で楽しいから。。

 

P1011935_2  

 

 

邪魔なスノボチャン達を退治しながら ライン取りを頭の中でイメージするウォーター氏

哀愁漂う このアングルどぉ?

実際はコノ後ろに人がウジャウジャ座っている

お尻冷たいのにね

まあコースが1ツやから仕方ない・

今回のハチは、人にお勧めできないかも

行くか行かないか迷っている人はヤメたほうがカシコイかも

どうしても滑りたい人!フリー区よりマシです

アクロスのフリーよりマシですよ。

 

P1011938

 

 

 

人工降雪機から出る人口雪と酢脳満。

 

今回は今シーズンの初なので控え目な滑りで体の馴らし程度

おニューのブーツとボードも158cmから154センチになっただけで全く動きが変わったし 手懐けるのにも時間がかかった

後半調子に乗ったところでクローズ!

エエ歳して最終リフトまで必死になって乗ってしまったけど、ネックウォーマーとゴーグルとビーニーだと年齢不詳になるからソンナノカンケーネー!!。。

1月2日から岐阜イトシロに遠征。

 みなさんヨイお年をV(。。)V

           SNOWMAN GT-R  おわり     

 

 

 

 

 

 

 

ジムニーカプチーノ 排気温度計とセンサー取り付け 

P1011865   

 

 

まずはタービンアウトレット外し

固いボルトはトーチで焼く

そしてワコーズのラスペネをタップリと注ぐ

P1011870  

 

 

外したアウトレットのセンサーが邪魔にならない部分を確認して8,5ドリルで穴をあける

現在ついているのはO2センサーです

エキマニの集合部分に付けるのが基本ですがF6のマニホールドは亀裂が入りやすいので強度的なことを考えてアウトレットにしました  温度差はあるかもしれないがマージンとってあるのでイイかなと・・・

P1011871  

 

 

次に1/8タップ  このタップはピッチが細かくて特種らしく、 数件の『老舗』と呼ばれる金物屋では扱ってなかった

で、ダメモトでホームセンターに駆け込んだ

あったーーーッ

1/8タップっ!!!

しかも探して採寸してくれた店員サンは、なんと女性! 歳は25才くらい    

とても愛想良いし

そのホームセンターは和泉大津の『ナフコ』  松ノ浜かも?

ホームセンター大好き

ナフコ大好き

コーナンプロなら1日中遊べるかも

 

ざまぁ見ろ  イケてない専門店。

 

P1011872  

 

 

センサー付けてアウトレット装着

素人には まぁまぁの出来かな

P1011873  

 

ゲージはお決まりの位置へ埋め込む予定

今回取り付けたゲージは オートゲージ製排気温度計

なぜ温度計が必要かというと  ブースト過給圧を上げると、とりあえず加速は上がる→過給圧が上がる→空気がギュッと濃縮される  吸い込む空気の量が多くなるだけで ガソリンの量はのノーマルである  よって空気だけが多いとエンジン内で燃焼した時の燃焼温度が上がってしまう

よって プラグやピストンの溶解や焼き付きをおこしてしまう

実際オイラはそんなクルマを多数見ているのでコワくなった

だいたい限界温度は900℃とされている

さてフルブーストで何度まで上がるか

それでも許容範囲を超えるようならインジェクター交換や追加インジェクターで燃料増量化をしなくてはならない  

ジムニーは185cc min(分)  カプチーノ210cc min  ワークスRスズスポは260cc  やったかなぁ?

 

          つづく

 

 

 

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ